天童市の歯医者 さいとう歯科医院です。当院のインプラント治療は「歯科用CT」を用いた安全な方法で行います。他院にて治療できなかった方も是非ご相談ください。

診療予約メール
診療相談メール
お問い合せ番号:023-655-7997

インプラント

※歯科用CTによる正確な診断と安全な治療

インプラントを埋入する顎には、無数の神経と血管が通っています。このような場所に勘や経験だけで治療を行うことは大変な危険と大きなリスクが伴います。当歯科医院では、歯科用CTを導入し、状況を確実に把握した上で治療を行っております。

インプラント治療とは?

お口の中の状態と、全身の健康にはとても密接な関係があります。
お口の中は、皆様が思っている以上にデリケートで、歯がたった1本無いだけでも噛み合わせが悪化し、全身に悪影響を及ぼし始めます。

歯を失ってしまった際に行う治療としては、「部分入れ歯」や「ブリッジ」といった選択肢がありますが、第3の治療法として「インプラント治療」があります。インプラントは、人工歯でありながら「第二の永久歯」と言われるほど、天然歯に近い見た目と噛み心地を再現することができます。

周囲の歯に影響を与えません

POI EX

インプラントは、歯が抜けてしまった顎の骨に、チタン製のインプラント体(人工歯根)を直接埋め込んで土台とするため、ブリッジのように支えになる歯を削る必要がありません。顎の骨が安定してから、セラミックなどの歯冠(上部構造)を装着すれば治療は終了です。

周囲の歯への影響が全く無いため、痛みはもちろん、苦しさや違和感を感じることがなく、今までのように自然に生活することができます。
さらに言えば、入れ歯の場合には、顎の骨への刺激が減ることでより一層骨が痩せてしまうことがありますが、インプラントは本物の歯のように、顎の骨に絶えず刺激を与えるため、骨が痩せることなく、安定した噛み合わせを実現することができます。

1本から全ての歯を失った状態まで対応が可能です。

当院で使用している「POIインプラント」

インプラントの特徴

当歯科医院では、特に骨との結合性が優れたPOIインプラントを使用しております。
POIインプラントは純チタン製で、表面には高純度の再結晶化ハイドロキシアパタイトが非常に薄くコーティングされています。
ハイドロキシアパタイトは骨の成分の一つで、他のインプラントに比べ生体親和性が高く骨との結合が早いのが特徴です。

インプラント治療は、一般的に1回の手術で行う方法(1回法)と2回手術を行う方法(2回法)がありますが、POIインプラントの場合、1回法で行うことが容易なため、患者様の負担も軽くなり、2ヶ月~3ヶ月で自分の歯と同様に噛めるようになります。

失った歯を補う治療法

失った歯を補う治療にはブリッジ・入れ歯・インプラントがあり、それぞれにメリット・デメリットを持っています。
歯科医院で納得するまで説明を受け、今あなたが抱えている問題を理解した上で、どの治療が一番良いか決めましょう。

インプラント 部分入れ歯 ブリッジ
治療方法 インプラント 部分入れ歯 ブリッジ
保険適用 なし あり あり
メリット

顎の骨に人工歯根がしっかりと固定されます。
周囲の歯に依存しないため、他の歯への負担がありません。
天然の歯と変わらない噛み心地と、外観の不自然さがありません。

バネで周囲の歯に止めるため、両隣の歯に負担がかかります。不安定で噛む力は弱くなります。
金属のバネが目立つため、見た目はよくありません。

ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削る必要があります。
支えとなる両隣の歯には大きな負担がかかります。しかし、違和感が少なく、噛む力も回復させることができます。

審美性 優れている 悪い 良い
咬合力 優れている 弱い 良い
異物感 なし あり 少ない
残存歯の保護 なし なし 削る
耐久性 優れている ガタつきが出やすい 両端の歯に負担がかかっている
手術 あり なし なし

噛めることによる様々な効果

【効果1】消化を助けて肥満防止に。

よく噛み砕くことで唾液の量が増え、消化が早まります。満腹感を早く感じられるようになりますので、食べ過ぎ防止につながりダイエットにも効果的です。

【効果2】虫歯や歯周病になりにくい口腔環境を作ります。

唾液には歯の成分であるリンやカルシウムが含まれており、食事などにより酸性になった口腔内を中和し、再石灰化を促進します。また、唾液が増えることで、虫歯や歯周病の原因菌を胃へ流し込んでくれます。

【効果3】顎の骨を強くします。

正常な咀嚼を行うことで、顎に良い刺激が与えられ、骨量を増やして骨を強くします。骨が強くなることで、歯周病や顎関節症の予防になり、無理なく発声できるようになります。

【効果4】認知症を防ぎ脳の活性化を助けます。

よく噛んで食べることで、脳の海馬や運動野などが刺激されます。刺激により鍛えられることで、記憶力アップや認知症の進行を抑える効果があります。

【効果5】顔の筋肉を鍛えて美容効果も。

シワやたるみは、顔の筋力の衰えから起こるものです。噛むことは、顔の筋肉と顎の骨をしっかり使いますので、張りのあるお肌への効果が期待されます。

【効果6】味覚神経が敏感になり楽しい食生活。

味覚は、食物が唾液中に溶け出すことで感じることができます。咀嚼により唾液は増加し、食物を細かく噛み砕けることでより味を感じられるようになります。唾液の分泌が少ないことで、味覚は薄れていきます。

これらのことからも「噛めない」ということは、「食べる」ことによる人間が運動するためのエネルギーを確保しにくいばかりか、筋力の衰え、脳血流の悪化、記憶力の低下などの様々な悪循環へと繋がります。
毎日の当たり前の食事でさえ満足に噛むことができず、味わいにくくなり、心身共に大きな影響を受けることになってしまいます。

確実なインプラントのために「歯科用CT」を導入しています。

歯科用CT プレビスタ

当歯科医院では、安心・安全・確実なインプラント治療のためにCT撮影を行い、3Dシミュレーションソフトを用いて、術前に適切な診断、埋入位置の決定を行います。

インプラントを埋入する顎には、無数の神経と血管が通っています。このような場所に勘や経験だけで治療を行うことは大きなリスクが伴います。ですから、最新の歯科用CTをいち早く導入し、状況を確実に把握した上で治療を行っております。

歯科用CT プレビスタ

3Dとして表示された画像。

歯科用CT プレビスタ

歯の位置や周囲の神経の位置が正確に把握できます。

歯科用CT導入により正確に把握できること

  • インプラント埋入のシミュレーション。
  • 顎の骨の骨量・骨質・神経・血管との位置関係。
  • 歯根の破折。
  • 親知らずの位置。
  • 歯内療法による根管充填の状況。
  • 根の先の病気(根尖病巣)の状態。
  • 歯槽骨(歯を支えている骨)の量と形態。

このように、今まで「見えなかったものが見える」「判らなかったことが判る」「できなかった治療ができる」を可能にします。
正確な診断と快適な歯科治療のために「歯科用CT」を導入しています。

インプラント治療の流れ

インプラント手術には治療回数により2通りの治療法があります。
1回法は1回の手術で仮歯の取り付けまで行う手術。2回法はインプラント本体を埋入後、一旦歯肉を閉じて骨との結合(オッセオインテグレーション)を待ち、再度歯肉を開き人工歯冠を取り付けます。

1回法と2回法の違いは、骨との結合をどの状態で待つかにあります。
当歯科医院で使用するPOIインプラントは、骨との結合が早く1回法に適したインプラントと言えます。患者様の状態を把握した上で、最適なインプラント手術を選択しています。

インプラント1回法

インプラントを顎の骨に埋め込んだ後、頭の部分を外に露出させておきます。そして、インプラントと骨が結合してから人工歯を装着します。
外科手術が1回で済みますので、患者様の負担は少なくなります。
およそ約2ヶ月程度で治療が完了します。

インプラント1回法

インプラント2回法

インプラントを埋め込んでから一度歯肉を閉じ、インプラントと骨が結合するのを待ちます。その後、再度歯肉を切開し、アバットメントと言われるインプラントと人工歯を結合するための支台を取り付け、人工歯冠を装着します。
2回の手術が必要ですので期間がかかりますが、インプラントと顎の骨とがより強固に結合しますので、感染リスクも低く、成功率も高い治療法です。

インプラント2回法

骨の量が少ない場合に行う治療法

骨誘導再生療法(GBR法)

歯が抜けたまま放置していると、顎の骨が吸収されてしまい、インプラントを埋め込んだとしても先端が歯肉から露出してしまいます。
このような場合、骨補填材(骨生成材)や、患者様自身の骨(自家骨)を採取・移植して顎の骨を再生します。骨に厚みを出して、インプラントが固定できるよう手術を行います。

インプラント

【インプラントを埋入する前に骨の再生をする場合】

インプラントの埋入ができないほど大幅に骨の吸収がある場合には、骨補填材(骨生成材)を使用したり、患者様自身の骨(自家骨)を採取・移植して歯槽骨や顎の骨の再生を促し、インプラントを埋め込める骨を作ります。

【インプラント手術と同時に骨の再生をする場合】

骨の吸収が激しくない場合には、インプラント手術と同時に骨の再生を行います。
インプラント埋入と同時に、骨を作りたいスペースに骨の元となる材料を特殊な保護膜で覆い、再生を促します。

サイナスリフト

ソケットリフト法では対応できない、骨幅が5mm未満の場合に行う手術です。
上顎洞底面にあるシュナイダー粘膜を骨から剥離し、充分なスペースを作ります。そこに自家骨や骨補填材(骨生成材)を充填し、インプラントが埋入できるだけの骨幅を確保します。

骨が安定するまでに時間がかかるため、治療期間は長くなりますが、確実にインプラントを埋入するためには有効な治療法の一つです。

サイナスリフト

ソケットリフト

上顎へインプラント治療を行う際、顎の骨の量が足りない場合に行う手術です。
上顎の上部には鼻の奥へと広がる上顎洞という空間があります。骨が吸収され骨幅が少なくなった状態で手術をしてしまうと、インプラントが上顎洞を突き抜けてしまいます。

ソケットリフト法では、専用の器具で上顎洞の底部の骨を押し上げながら骨補填材を充填していきます。手術可能な骨幅にまで再生させ、その後インプラント治療を行います。

ソケットリフト

インプラント周囲炎にならないために

前述のとおり、インプラントそのものは人工物のため、歯周病になることはありません。しかし、歯磨きなどのホームケアを怠ることで、歯周病菌がインプラントの周囲組織へ進入し、インプラント周囲の歯肉に炎症が起こります。これを「インプラント周囲炎」と言います。

インプラント周囲炎

天然歯に起こる歯周病と同じような症状ですが、インプラントは人工物で神経が通ってもいませんし、天然歯のような生体防御機構(人が本来持つ異物などを排除するしくみ)も持っていないので、自覚症状がありません。そのため、かなり進行しなければ気づかないことも特徴の一つです。改善しない場合には、インプラントを除去しなければならなくなくなります。

このようなことから当歯科医院では、インプラント治療を行う際には、必ず歯周病検査を行います。歯周病であっても、適切な歯周病治療を行い、定期的なメンテナンスを行うことで、長持ちさせることは可能です。

「インプラントは一生ものではない。」ことを、しっかり理解しましょう。

インプラント治療でよくある質問

誰にでも治療は受けられるのでしょうか?
年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から適応となり、健康な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事ができます。全身疾患のある方や、妊娠中の方などは治療を受けられない場合がありますので、担当医にご相談ください。
手術に痛みはあるのでしょうか?
手術ですから、多少の痛みや不快感が伴う場合はあります。
しかし、痛みを取り除くため、手術中は局所麻酔と鎮静剤を使用しますので、ほとんどの患者様から「治療は思っていたよりも楽だった」との感想をいただいています。
手術直後はどんな感じでしょうか?
手術直後の状況については、歯肉や軟組織に多少の傷や腫れ、軽い痛みが出る場合もあります。そのような場合、痛みを和らげる薬剤を処方しますので、ほとんどの方は翌日から普通に生活していただけます。
前の自分の歯と同じように噛めますか?
インプラントは顎の骨としっかり結合して丈夫な土台となります。りんごや煎餅、肉やスルメなどの固い食べ物を含めて、食べられない物がないくらいに噛めるようになります。
治療費はどのくらいですか?
現在、インプラントは保険診療の対象ではないため、自費診療となります。
インプラントの本数、上部構造の人口歯冠の材質、骨の状態によって費用は異なります。
詳しくは、お気軽にご相談ください。
インプラント治療後の見た目は自然ですか?
インプラントに装着する人工歯にセラミックを使用することで、外見はもちろん、快適さ、噛む機能など、本物の天然歯のように感じていただけるはずです。
インプラントはどのくらいもちますか?
当歯科医院では、インプラント治療後のメンテナンスをしっかり守っていただけるようお伝えしております。
患者様のホームケアがしっかり行われなければ、インプラントの寿命はどんどん短くなります。お口の衛生管理をしっかり意識して、その上で定期的なメインテナスを受けていくことで、長持ちさせることは可能です。

インプラント治療の症例

症例1
レントゲン 埋入前

埋入前

オールセラミッククラウン 装着後

インプラント埋入後

オールセラミッククラウン 装着後

上部構造装着

レントゲン 埋入前

埋入前

レントゲン インプラント埋入後

インプラント埋入後

レントゲン 上部構造装着

上部構造装着

インプラント治療前

治療前 正面

インプラント治療後

治療後 正面

インプラント治療前

治療前 正面

インプラント治療後

治療後 正面

インプラント治療前

治療前 側面

インプラント治療後

治療後 側面